Davinci resolveでPremiereと同じような爆速編集ショートカットキーを割り当てる方法

Premiere ProからDavinci resolve(ともにMAC)に乗り換えようと検討していたときに、編集で最もよく使っていた(QWEキーに設定していた)の

前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップル
編集点を追加
次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップル

をどのように設定してよいか分からず困っていましたが解決しました。

ちなみに、Davinci resolveの場合は
Ctrl+Shift + [ と Ctrl+Shift + ]
Shift Vがリップル

Davinci resolveでPremiereと同じような爆速編集ショートカットキーを割り当てる方法

先頭を再生ヘッドの位置へ → Q
レイザー → W
末尾を再生ヘッドの位置へ →E
に割り当てます。
Premiereの場合は上書きされるのですが、Davinciで割り当てる場合は、現在設定されているQWEのショートカットキーの設定を先に削除してから設定します。

これで乗り換えまでもうすぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です