SNSよりメールマガジンをマーケティングで活用しよう!

BtoCの事業をしているもしくは、BtoBtoCの事業をしている方、メールマガジン発行していますか?

ITの利活用が上手くいっていない企業から「SNSの利活用はどうしたら良いか?」というご相談をいただいた時に必ず伺っている事です。

意外と多くの企業が「かつてやっていたけれど、いまはSNSに力を入れたい」とおっしゃいます。

でも、メールマガジンは、自社マーケティングの生命線だと思った方が良いです。

なぜなら、プラットフォームに依存していないツールだからです。

Twitter、Facebook、Instagramは、そもそもお客さんが利用している前提があって、しかも見に来てもらわないといけない。
それに常に新しい情報が最上位に表示されているので、記事が流れてしまう。

Facebookに至っては、表示回数をFacebookサイドでコントロールされていて、外部リンクがある場合は表示回数を減らされている場合がある。Facebookは広告収入で運用しているモデルなので、ユーザーを外部に出したく無いからです。

そういう意味では、LINE@は良いツールかもしれません。でもやっぱりLINEやってない人もいますし、簡単にブロックされちゃう。

メールアドレスなら、スマホを持っている人、なんならガラケーの人だって持っていますよね。
迷惑メールになってしまわぬよう、運用にテクニックが必要ですが、やっぱりメールマガジンは他のプラットフォームに左右されない良いツールです。ASPを使えば好きな時間に送れますし。

「えー、今時メルマガ読まないでしょ」と思われる方もいるかもしれませんが、それは記事に興味がないだけです。件名の付け方で開封率はグンと変わります。

ぜひあなたのビジネスで、メールマガジンの活用をしてみてください。

メールマガジンの運用のご相談がございましたらお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です